仮想通貨

ビットコインのウォレットとは?

更新日:

現金を管理する方法として財布や金庫があるのと同様に、ビットコインを管理する上で欠かせないものにウォレットがあります。

ウォレットにはさまざまな種類や管理方法があり、お財布代わりにもなれば金庫のような使い方もできます。

アドレスとウォレットの関係

まず、ビットコインを所有することは、同時にビットコインアドレスというものを所有することとなります。ビットコインアドレスとは口座番号のようなもので27~34文字の英数字から成る文字列です。

ビットコインの世界では、このビットコインアドレスと残高が常にネットワーク上に記録・公開されており、そのビットコインアドレス毎の金額の増減で資金を管理するのです。

なぜ、記録・公開されるかというと、ビットコインを実質的に運営しているのは全世界のマイナーと呼ばれる承認者であり、ブロックチェーンと呼ばれる銀行の台帳のようなものを作成しているからです。マイナーはブロックチェーンを作成し、全ての手続を精査することでインセンティブを得ています。

しかし、ビットコインアドレス一つで全ての残高を管理しては、資金の動きが全世界に公開されている関係上、個人を特定されてしまう可能性があります。

そこで、ウォレットを利用するとウォレットが取引毎に自動的に新しいビットコインアドレスを生成してくれるため取引に秘匿性が生まれます。また、ビットコインを利用すると多くのビットコインアドレスを所有することになるため、ウォレットはそのビットコインアドレスを一元管理し個人の総合口座のような利便性も提供してくれます。

その他の機能として、ウォレットはアドレス毎にバラバラになっている残高を認識しているため、送金金額がいくらであってもユーザーは1回の処理で送金することができます。

例えばアドレスAに10BTC、アドレスBに10BTC、アドレスCに5BTCのビットコインを所有しており、他人に21BTC送金したい場合は、ウォレットが自動的にアドレスAから10BTC、アドレスBから10BTC、アドレスCから1BTCを自動的に送金してくれます。

デスクトップウォレット

コンピューター上にインストールして利用するウォレットです。高機能で優れたセキュリティ性を兼ね備えています。

デスクトップウォレットには「完全型」と「軽量型」の2種類があり、ネットワーク環境やコンピューターの性能により使い分けます。

プライベートキーはローカルに保存されるため、パソコンの管理には十分注意する必要があります。

完全型デスクトップウォレット

完全型デスクトップウォレットは、ビットコインが誕生してから現在までの全てのブロックチェーンデータをコンピューター上にダウンロードする必要があるため数十GBのハードディスク容量が必要です。また、初回起動時には利用まで数日かかるため手軽に利用できるウォレットではありません。

【代表的なウォレット】

Bitcoin Core(公式ソフト)

MSIGNA

軽量型デスクトップウォレット

軽量型デスクトップウォレットは、上記のブロックチェーンデータは外部サーバーのデータをネットワークを介して参照するため、インストール後にすぐ利用可能です。

【代表的なウォレット】

Electrum

Multibit HD

Copay

モバイルウォレット

ウォレットプロバイダーと呼ばれるサイトが提供するオンライン型のウォレットです。オンライン型のメリットはどの端末からでもアクセスできることです。しかし、プライベートキーはウォレットプロバイダーに預けことになるため、セキュリティ面はそのサイトの信頼性に左右されます。

【代表的なウォレット】

Blockchain.info

Coinbase

Coinaplut

オフラインウォレット

ハッキングのリスクを考えると、常時インターネットに接続されたパソコンでビットコインアドレスとプライベートキーの管理を行うことはあまり推奨されていません

オフラインで管理する方法は2種類あり、インターネットを介したハッキングのリスクが無くなる反面、物理的に盗難・紛失・事故のリスクが伴います。

ハードウェアウォレット

パソコンやスマートフォンではなく、オフラインのビットコイン専用の端末を使い長期的な管理を行います。パスワードやその他の認証システムで厳重に管理されるためセキュリティ面で優れています。ビットコインで取引を行う際にはパソコンと接続するだけですぐに利用できます。

しかし、盗難・紛失・故障のリスクが伴うので、もし大きな金額を管理するのであれば、大量の現金を管理するのと同様に金庫や安全な場所で保管する必要があります。

【代表的なウォレット】

Trezor

Ledger Nano

Keepkey

ペーパーウォレット

電子機器を使わず、紙ベースでビットコインアドレスとプライベートキーを管理する最も原始的な方法です。こちらも重要な書類として金庫や安全な場所で保管する必要があります。

紙なので、盗難・紛失・火災のリスクが伴うことに加え、紙特有の劣化のリスクも伴います。管理場所としては直射日光が当たったり高温多湿な環境は避けましょう。

現金と同じような安全意識を持って使い分けよう

ウォレットを選択するということは、利便性とリスクを同時に選択することでもあります。

デスクトップウォレットはソフトウェアとしてのセキュリティの高さが重要です。オンラインウォレットは運営会社が企業として信頼がおけるかどうか、ハードウェアウォレットは精密機器メーカーとしての信頼性の高さを重視する必要があります。

ビットコインは、「セキュリティ面でリスクが高い」「信頼におけないと」、まだまだ慎重な意見も多いのが現状ですが、ビットコインは信頼のおける通貨システムです。

どの世界のどのようなシステムにも犯罪や悪用をする人がいるだけの話であって、現金の場合でもインターネットバンキングの不正アクセスで失うこともあれば、空き巣にだって入られる可能性がありますよね。

そのため利用する側は、信頼できる銀行を選び、パスワードを一定期間毎に変更し、防犯カメラを取り付けたりさまざまな対策を講じる訳です。

今回、ご紹介したウォレットの種類と管理方法の選択は、これらに相当する重要な選択です。ぜひ、慎重に選び、リスクを分散した安全な環境でビットコインを活用していきましょう!

記事下

 

2018年版!仮想通貨取引所ランキング

-仮想通貨

Copyright© 初心者にオススメの仮想通貨口座・会社比較入門サイト|ビットプロ , 2018 All Rights Reserved.